旅部 Public Comment
月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅部也
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/03/25(土)   CATEGORY: 未分類
ウエダ
激務がひと段落して、狭い視界から周りの出来事
に関心を持ち始めると、季節柄サクラの花もちらほら
と蕾を付け始めている。日差しもいくらか暖かくなっ
てきて、窓から差し込む光が穏やかな気分にさせる。
机の上の長方形の光の上で頬杖えをついていると、
今日も先輩の「ありがとうございました~。また来年
もお願いいたします~」という目一杯高い声が聞こえて
くる。目をやると分度器を持ってきて計りたくなるぐ
らいの角度で深くお辞儀をしている先輩がいる。
うちの会社にはたまに確定申告料を持参してくれる
お客さんが訪れる。そうすると決まって担当者が出迎え
事務的な手続きを済ませる。その先輩のお客さんが来た時
は決まってそう挨拶する。少し島の訛りがある、高い声に
反して体が大きく、僕の誕生日プレゼントに何故かカロリー
メイトをくれる体調管理にも万全な先輩だ。
「また来年も」なんて言うとまるで季節の風物詩みたい
で花火職人になったみたいな気分にさせる。そして、
ちょっとした別れの言葉にも感じさせる。お客さんを
見送った先輩は自分の席に戻るまで営業スマイルを
保っている。というか消せないのだろうと思う。
花火ではないにしても職人だな、と思う。そんな先輩
は今月末で島に帰る。
この季節はちょっとした別れの季節でもある。
悲しい別れでは決して無いけれど、うちの会社から職人が
一人消えてしまうのは勢いに欠けてしまう。
ただ先輩見てて下さいよ、花火職人にはなれないけど
僕ももうじき中くらいの花火をあげちゃうので。
と、自分に言い聞かせるクラゲ一名。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 旅部 Public Comment. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。